学校法人 北工学園
第12回 2校合同交流会


平成26年5月30日(金)

学校法人北工学園の姉妹校「旭川福祉専門学校」と「札幌福祉医薬専門学校」の
2校がスポーツを通して競い・交流を深める「北工学園2校合同交流会」が、
今年も東川町にある旭川福祉専門学校グラウンドで開催されました。

開会式


今年も開会式には、東川町の合田副町長様を始め、多くの来賓の方々が参加して下さいました。


今年の主催校である札幌福祉医薬専門学校の藤枝校長先生や理事の中先生からも
ご挨拶と学生への激励の言葉を頂きました。


昨年、総合優勝を飾った札幌福祉医薬専門学校の学生による優勝トロフィーの返還と選手宣誓です。


今年も2校の学生431名が、旭川福祉Aチーム、旭川福祉Bチーム、札幌福祉医薬チームの
3チームに分かれ、6種目の競技で勝敗を競い、交流を深めました。



4人5脚

4人の脚を結んでスタートし、20m先のコーンを回ってゴールに戻り、次のチームにバトンを渡します。

2人3脚よりとても難しくなります。練習していないとなかなか脚が揃いません。

仲間と心を一つに合わせて、足並みを揃えます。



綱 引 き

男女別の1チーム35人で、20秒3本勝負を行います。

昨年は札幌福祉医薬に圧倒されてしまいましたが、今年は準備万端で負けません!

練習を重ねた息の合ったチームワークで、綱を引くタイミングもぴったり合っています。



昼 食

今年も旭川福祉専門学校の学生による手作りの、名物「福専カレー」です。

冷たい飲み物と、デザートにバナナもつきました。

みんなたくさん食べて、用意した500人分のカレーを完食しました!



人間ばんば

大きなタイヤに旗手が乗り、男子は3人、女子は4人で引っ張ります。

20メートル先のコーンを回ってスタート地点に戻り、次のチームにバトンタッチ。

引き手全員の力がタイヤに伝わるように引かないと、とても重くて大変です。



台風の目

6人1組で物干し竿を持ち、スタート!先ず20m先にあるコーンを1週回ります。

さらに20m先にあるコーンを1周半回ってスタート地点へ戻ります。

戻る途中で20m地点のコーンをもう一度1周回って、次のチームにバトン(物干し竿)タッチ!



長縄跳び

20人1組で3分の間に連続して飛べた回数を競います。

縄を回すタイミングと跳ぶタイミング、とても難しくなかなか回数が伸びません。

練習の成果を発揮して、旭川福祉Aチーム・Bチーム、少しずつ回数を伸ばしていきます。



3000メートルリレー

男女別19人一組で、1人100mずつ走り、アンカーは200mを走ります。

福専A、福専B、札福の各チームから男女各2組出場し、6名ずつのリレーを行います。

チームの勝敗をかけて、皆一生懸命走りました。



表彰・閉会式

今年は旭川福祉Aチームが男子優勝・女子優勝・総合優勝の完全勝利を飾りました。

理事の中先生より、代表学生にトロフィーと賞状が手渡されました。

両校の交流が無事終えられたことに感謝し、全員で万歳三唱を行い、閉会式を終了しました。

全員で札幌福祉医薬専門学校の皆さんをお見送りです。

この交流会では、学生は競技に参加するだけではなく、実行委員のもと、
総務・競技・運営・庶務の各係に分かれて、準備から後片付けまでの
様々な作業に、自分たちの力で取り組んできました。


仲間と協力しながら自らの責任を果たすことの大切さ、楽しさ、達成感など、
多くのことを学ぶ機会として、今年も、とても有意義な交流会となりました。