学校法人北工学園
第13回 2校合同交流会

平成27年6月6日(土)

 初めは4人5脚でスタートし、次に待っている2人3脚のペアに
バトンを渡していくリレーです。

☆昼 食☆

 初めての競技でも、ルールが簡単なので、日本語学科の皆さん
も楽しめたようです。みんな必死になって玉を投げていました。

 袋に入った両足と袋をつかむ手がバランス良く動かないと、
なかなか上手くジャンプできません。参加していても、見てい
ても、とても面白い競技でした。

☆袋ジャンプリレー☆

 来年もまた、このたくさんの笑顔に、出会えますように。

 日本の運動会と言えば、綱引きは定番ですが、日本語学科の
皆さんは、慣れない競技に苦戦していました。

 昨年は4名だった日本語学科の学生が、今年は6カ国62名に
なり、国際色豊かな交流会になりました。

今年も、東川キャンパスに北工学園の姉妹校
「札幌福祉医薬専門学校」と「旭川福祉専門学校」の2校が集い、
スポーツ競技を通して交流を深めました

☆お見送り☆

 交流会最後の競技はチーム対抗リレー。応援も一番の盛り
上がりを見せます。

 学科・学年・国籍が別々のメンバーがチームとなって、
心を一つにし、息を合わせて走りました。

☆玉入れ☆

 今年も学園理事の中先生、東川町の松岡町長様を始めと
する多くの来賓の皆様からの激励の言葉を頂きました。

 副実行委員長のフィトリアさんから成績発表が行われ、今年も
札幌福祉医薬専門学校が総合優勝を飾りました。

 一見、地味に見えますが、応援も参加者も、とっても盛り上が
るエキサイティングな競技です。

☆開会式☆
☆閉会式☆
☆綱引き☆

 今年の2校交流会は、札幌校との交流もさることながら、普段
同じキャンパスにいながらも交流の機会が少ない日本語学科の
学生と、共にこの行事を企画・運営し、共に競技に参加し、楽しい
1日を過ごすことができた、大変有意義な交流会になりました。

交流会終了後、札幌へ帰る学生や先生達をお見送りしました。

 2年連続で優勝を逃した福専でしたが、互いの健闘を讃え合い、
札幌校の学生や日本語学科の学生達と、たくさんの交流を持てた
ことに感謝して、万歳三唱で締めくくりました。

 閉会式では、来年の主催校となる札幌福祉医薬専門学校の
藤枝校長先生より、ご挨拶を頂きました。

 チームの優勝をかけた熱い戦いに、実況アナウンスもついつい
力が入ります。

☆2000mリレー☆
☆4人5脚〜2人3脚リレー☆

 手作りカレーをみんなで美味しくいただきました。

 信仰上の理由で豚肉を食べられない日本語学科の学生もいま
すので、チキンカレーも用意しました。

 お楽しみの昼食の時間です。メインディッシュは福専名物手作り
カレー! 冷たい飲み物とバナナも付きました。

 日本の運動会では定番の玉入れですが、中国から来ている王賀
先生に聞いてみたところ、「初めて見ました」と言っていました。

 この競技は、日本語学科の学生からの提案で行われることに
なりました。海外では、結構メジャーな競技だそうです。